本文へスキップ

    MAIL. info@salonfierte.com

Original Session  


氣内臓(チネイザン)
をベースに、身体が本来持つ生命力自己回復力に深く働きけるセッション。

ご自宅でできるセルフケアの方法などもお話します。セッション後しばらくは本来の自分自身の状態に戻ろうとする心身の調整が進んでいきますので、 セッション後ゆっくりと過ごせる日のご予約がお勧めです。


日本ではまだ数少ない、気内臓(チネイザン) を受けられるサロン。

痛みや違和感のある箇所のみをケアしても、心身のコンディションが複雑に絡み合う現代の不調からはなかなか解放されません。 筋肉の疲れやリンパの流れをケアするだけでなく、 五臓六腑やその方を構成する様々な要素へのアプローチ感情と身体のバランス潜在意識にも働きかけ 心身をトータルにケア。

※現在出張のみ受け付けをしています。まずはメールにてお問合せ下さい。
 MAIL. info@salonfierte.com

セラピストプロフィール

心身バランスの不調から中医学・解剖生理学などに触れセラピストの道へ。気内臓(チネイザン)メディカルリンパドレナージュ経穴(ツボ)圧 などの手法を学び現代の日本女性の心身に合うメニューを模索。 自宅やタオゼン表参道スタジオにてセッションを重ね、2016年独立。 その後中薬学の知識も深め2017年より『漢方茶マイスター』としても活動を開始。 漢方茶についてはこちらのページへ。


日本女性は本来お腹の底に、凛とした芯の強さ、誇りや信念、直観の強さを持ち合わせていますが、 日々の情報量の多さや複雑な社会に身を置くことで『脳』中心の状態が長時間続き、 不安感や無力感・停滞感・身体の不調まで感じる方がとても多くなっています。 皆さんのリセット&デトックス、 そして本来持つエネルギーを呼び覚ます為のサポート出来たら。。と思っています。

Fierte Plus 尾江 笛

ITAA 一般社団法人国際セラピスト協会 マスターセラピスト
一般社団法人 日本チネイザン協会 公認プラクティショナー
漢方茶マイスター


§ メニュー §

1.気〜気内臓(チネイザン)フルセッション   80分 / \12,960

こんな方に:

胃腸の調子がずっと悪い。 

いつも思考が止まらず思い悩んでしまう。

朝起きてもスッキリしない。

眠りが浅い。

呼吸が浅く、周りの人や物事に影響されやすい。

不安感や停滞感・不幸感がいつもある。

古代から伝わる東洋医学を元に現代医学・生理学・心理学などを融合した現代人のためのセラピーで、 近年ヨーロッパやアメリカでも大変注目を浴びています。五臓六腑に優しく働きかけることで、感情のバランスを整え本来の生命力を呼び起こすお手伝いをしていきます。 お腹に直接触れ、優しく深くアプローチ。思考がほぼ停止し深いリラクゼーション状態に入る事で直観や閃きをダイレクトに感じ、 体調だけでなく嗜好や考え方、感情のリズムにも本来の自分らしい明るい変化が表れることも多々あります。
※お腹回りのゆるい服装でお受け下さい。

※セッション後のリセットや変化は長くて1週間程続きます。心身の変化をゆっくりと観察し、次のセッションを受けるまでには10日ほど空けて下さい。 続けて5回受ける事ですべての臓器にアプローチすることができ、変化がよりクリアになっていきます。

※チネイザンは医療行為ではありません。腹部に重度の疾患(腹部大動脈瘤、卵巣腫瘍、子宮筋腫など)のある方、妊娠中の方、 その他疾患により現在治療中の方は事前に必ずかかりつけの医師の許可を得て頂く必要があります。事前にご相談下さい。


2.気+茶 〜氣内臓(チネイザン)40分+オーダーメイド漢方茶セッション
   120〜150分 / \12,000


こんな方に:

じっくりと身体の声を聞き深く働きかけたい。

体の中から変わりたい。

ずっと気になる体調・体質を抱えている。

疲労が溜まっているor気持ちが沈みがちでなかなか浮上しない

氣内臓(チネイザンセラピー)40分の後、オーダーメイド漢方茶をお作りします。 (1袋で700ml〜1Lのお茶が作れます。)

漢方茶の詳細はこちらのページへ。


3&4.カスタマイズプラン   60分/ \6,000  80分/ \8,000 

内容お任せで受けてみたいという方に


お問い合わせの分類 ご予約   お問い合わせ

お名前(漢字)

お名前(フリガナ)

電話番号(半角) 

E-Mail  

メニュー  

その他ご希望・ご質問 

  


使用するハンドワークの詳しいご説明はこちら

気内臓(チネイザン)▽

「腹を割る」「腹を据える」「腹の内を見せる」という言葉があるように、 お腹には心とはまた別の「最も大事な何か」を宿しているという認識を、日本人は昔から持っていて、元来内臓と感情には密接な関係があります。

更に近年『腸内フローラ』という言葉をよく耳にするようになりましたが、 腸内の菌の種類によって人の嗜好や性格までも左右されるなど、腸が文字通り「第二の脳」である事が次々と科学で立証されてきています。

チネイザンでは、陰陽五行説に基づいた東洋医学に現代医学・生理学・心理学なども融合し、お腹(五臓六腑)に優しく深く働きかけながら、感情のバランスを整え 各臓器が本来の生命力を発揮し生き生きと機能するようお手伝いをしていきます。
思考がほぼ停止し深いリラクゼーション状態に入る事で、直観や閃きをダイレクトに感じ、体調だけでなく嗜好や考え方、感情のリズムにも 本来の自分らしい明るい変化が表れることも多々あります。

チネイザンにより報告されている変化には次のようなものが挙げられます。
[内臓の機能向上、デトックス/便通の改善/首、肩、腰の凝り、生理痛の緩和/思考・脳のリフレッシュ、スッキリ感、閃き感/ リラクゼーション、ストレスの緩和、不安の解消/深い睡眠/感情の安定、安心感/気力の向上]

メディカルリンパドレナージュ▽

元々はデンマークの医師がリンパ液の循環を促すために考案した治療方法ですが、現在は美容や健康維持の方法として世界各国で行われるようになりました。

リンパ液には『細胞が輩出した老廃物を回収する』という大切な働きがありますが、血液のようにのようポンプ機能(心臓)を持たず、筋肉や動脈の動きを借りないと流れを作れない為、様々な要因(運動不足や疲労・ストレス・気候や体調など)によって滞りがちになります。リンパの流れが滞ると、余分な水分や老廃物、毒素が体内に蓄積され、免疫機能が低下したり、栄養素の取り込みも鈍ってきます。

この滞ったリンパの流れを手技のみで円滑にサポートしていくのが『メディカルリンパドレナージュ』です。
「リンパドレナージュは痛い」というイメージがある方も多いと思いますが、流し終わりの出口をスムーズにしておくこと、流れのスピードを見ながら負荷をかけ過ぎずにアプローチすることでスムーズに痛みなく行えます。 流れの方向やラインの取り方など、ご自身でメンテナンスする際にも知識や注意が必要ですので、セルフメンテナンスの方法についても積極的にお伝えしていきます。

経穴(ツボ)圧し▽

『経穴(ツボ)』とは、中医学で用いられる身体上の特殊な反応ポイントのことです。 ツボに刺激を与えると『経絡』と呼ばれるエネルギーの通路を通って全身に響きが伝わっていくと考えられています。

中医学では、エネルギーバランスや自然環境の影響によりこの経絡の流れが悪くなると、痛みや病が発症すると考えます。
ツボ圧しを行うことにより、経絡を通り身体全体の活性化を促し、本来のバランスを取り戻すことを助け、自らが持っている自然治癒力を目覚めさせることに繋がっていきます。

押す方向や呼吸方など、ご自身でメンテナンスする際にも知識や注意が必要ですので、セルフメンテナンスの方法についても積極的にお伝えしていきます。